追求は「あることをあくまでも追い求めること」。

「調査」「詮索」と言い換えると分かりやすい。

追及は「責任を追い求めること」。

「取調べ」「捜査」と言い換えると分かりやすい。

追究は「分からないことを追求すること」。

「究明」と言い換えると分かりやすい。

追究も追及も追究も追い求めることですが、追い求める対象が異なります。

「追求」は全般的に物事を追い求めることです。

「追求」は、「追い求めること」全般に言え、例えば「会社の目的は利潤の追求につきます」、「理想ばかり追求しないで現実に目を向けなさい」、「人生は幸せな生活の追求の連続です」、「様々な方法で追求を試みましたが、ついに分かりませんでした」などと使い、様々な手立てを尽くして物事や目的を追い求める行為のことです。

「追及」は 責任を追い求めることです。

「追及」は「責任を追い求めること」ですので、例えば、「容疑者を逮捕して罪状を追求する」「現場の声を無視した上層部の責任は追及されるべきだ」「逃走犯を追求してついに確保した」「証拠に基づいて追及したところ、罪を認めた」「追及の手が届かない外国に逃亡した」などと使い、犯罪や事件の責任などを追い詰めることに使われます。

「追究」は分からないことの内容を追い求めて調べることです。

「追究」の「究」は「きわめる」という意味ですから、追求は物事の内容をはっきりさせるまで、追い求めることです。

例えば「疑問があればどこまでも追究してみましょう」、「なんの根拠もなく人を追究することはやめた方が良い」、「学問を追究して博士号を取る」などと使います。

このように「追究」は内容的に究めることです。

「追」の付く言葉は追いかける意味になります。

「追求」「追及」「追究」はすべて追いかける意味がありますが、その対象が異なります。

「追求」は全般的な言葉で目的を追い求めること、「追及」はその中でも事件事故の責任の所在を追い求めることです。

「追究」は追いということと内容を究めるという意味があります。

「追求」は「追及」「追究」を包括する言葉になります。

おすすめの記事