新陳代謝は「食べたものを体内でエネルギーに替えること」。

「エネルギー」と言い換えると分かりやすい。

基礎代謝は「心臓など生きるための代謝・エネルギーのこと」。

「最低エネルギー」と言い換えると分かりやすい。

「代謝」は「変わりに入れ替わる」という意味です。

つまり、食べ物など栄養素を体内で消化し、必要な成分に分解してエネルギーに変換する一連のことを言います。

「新陳代謝」は単に代謝と言います。

「新陳代謝」の「新陳」は「新しいものと古いもの」という意味で「新陳代謝」は「新しい食べ物を消化してエネルギーに替えること」になります。

「代謝」を「エネルギー」と解釈しても良く、動物が生きるのに必要な活動のことになります。

なお、「新陳代謝」は生きていく最低の「基礎代謝」と動くことに必要な「活動代謝」に分けられます。

「基礎代謝」は生きていくために必要なエネルギーのことです。

「基礎代謝」は体の基礎、つまり生きていくために必要な代謝のことです。

心臓を動かすことや体温維持・神経・脳・呼吸・臓器活動など最低限のエネルギーを作ることです。

必要カロリーの摂取と活動に必要なエネルギーがあれば、人間など動物は生きていけるのです。

生きるために食べなければならず、食物を得るためにも動く必要があるのです。

「新陳代謝」に「基礎代謝」は含まれます。

生きるための「基礎代謝」と活動に必要な「活動代謝」を合わせて「新陳代謝」といいます。

「新陳代謝」は細胞レベルでも言い、人間の体の細胞は常に入れ替わっていると言われ、全体の細胞が入れ替わるのに3か月と言われています。

心臓の細胞は約22日で入れ替わり、骨は3か月で入れ替わるとされています。

「新陳代謝」は入れ替わることを意味しますので、このような意味でも使われることもあります。

「新陳代謝」と「基礎代謝」とは。

「新陳代謝」は食べ物をエネルギーに替えることです。

「基礎代謝」はそのうち体の維持に必要な代謝のことです。

「基礎代謝」は加齢と共に低下するため、維持するためにはストレッチや有酸素運動が有効な対策となります。

食事は適量を良く咀嚼して、決して過食や粗食にならないように注意しなければなりません。

因みに英語では「新陳代謝」のことを「メタボリズム」と言います。

おすすめの記事