女は「男に対する言葉で、一人前の大人の女性のこと。」

「大人の女性」と言い換えると分かりやすい。

女性は「男性に対する言葉で成人女性のこと」。

「成人女性」と言い換えると分かりやすい。

女子は「男子に対する言葉で、中学・高校で男子が呼ぶ女性のこと。」

「生徒の女性」と言い換えると分かりやすい。

女の子は「男の子に対する言葉で、小学校で男の子が呼ぶ女性のこと」。

「学童の女性」と言い換えると分かりやすい。

「女」は大人の女性を意味します。

「女」は「男」の対義語で、成人を終えた立派な女性を意味します。

「女盛り」「女らしい」「女っぽい」「女癖が悪い」「女と男」「女風呂」「女医者」「女に騙される」「きれいな女の人」「女子も高校を卒業すれば女性・女と呼ばれる」「女の髪の毛は長い」「女は恋愛を夢見るものだ」「女と手を切った」「男女平等社会」などと使います。

「女性」は性別
「女性」は性別として言う言葉です。

「男性」が対義語になります。

やはり大人の場合に使われます。

「女性が威張る家庭」「女性医師」「女性の権利」「女性蔑視の発言」「女性問題」「男勝りな女性議員」「女性だけの会社」「女性だけが持つ母性本能」「女性は子供が生まれれば母となる」「女性の味方」「怖い感じの女性タレント」などと使います。

「女子」は「男子」が呼ぶ言葉
「女子」は対義語が「男子」で、主に中学生や高校生の男子が女性の仲間を呼ぶ際に使う呼称になります。

また、一般社会でも使われ「女子トイレ」「女子団体競技」「女子選手」などという言葉もあります。

例えば「掃除当番なのに男子は女子ばかりに作業させる」「保健の授業だけは男子と女子が別のクラスになる」などと使います。

「女の子」は小学生まで使います。

「女の子」は小学生まで使われる言葉になります。

生まれた瞬間から「女の子でした」と言われ、ずっと「女の子」と言い子供扱いをするのです。

例えば「男の子は女の子をいじめてはいけません」「女の子の多いクラスだ」「女の子の中には我儘な子もいる」「同じクラスのきれいな女の子が好きになった、初恋かも」などと使います。

おすすめの記事