一人芝居は「演劇において一人で登場人物をすべて演じて芝居をすること。」

「多役独演芝居」と言い換えると分かりやすい。

自作自演は「自分の利益のために一芝居打つこと」。

「狂言」と言い換えると分かりやすい。

一人芝居は演劇の一形態で、ベテラン舞台俳優が挑戦して演じるものです。

自作自演は狂言と言った方が理解し易いものです。

「一人芝居」は本当に一人で演じます。

「一人芝居」はたまに演じられるもので、経験の豊富な舞台俳優が良く挑戦しています。

一人で幾人かの役をするために高度な演技力が要求されるものです。

また、「一人芝居」は日常的に起きる場合があります。

自分の思惑だけで周囲のことを考えずに行動してしまうことで、一人よがりの行動、自分勝手な行動となり周囲の顰蹙を買います。

「自作自演」は狂言と言います。

「自作自演」は自分で考えた筋書きに沿って自分で行動することですが、多くの場合犯罪に利用されることがあります。

「狂言強盗」がそうで、自分が強盗犯になり金品を盗んでから、強盗に入られたと嘘を付くというものです。

あたかも自分が被害者であると申告したのに、実は自分が加害者と被害者の両方を一人で演じていたという「一人芝居・狂言」のことです。

「一人芝居」と「自作自演」は犯罪では同じことを言っています。

「一人芝居」をする犯人は「狂言」という「自作自演」の芝居をすることですから、「一人芝居=自作自演=狂言」となります。

犯人は被害者と加害者という二人の役を自分一人で演じた訳です。

オレオレ詐欺も息子になりすまし自分が被害者のように演じてお金を工面してほしいと言い、お年寄りからお金を巻き上げる加害者になるのです。

「一人芝居」と「自作自演」とは。

「一人芝居」は演劇の一形態で舞台俳優が一人で何役の人物たちを演じ分けるため高度な演技力が必要な難しいものです。

一般社会でも「一人芝居」をする人はいます。

また、自作自演」は「狂言」のことで、犯罪に多くみられる言動です。

「狂言強盗」では被害者と加害者を演じ分け、「オレオレ詐欺」では息子を演じて加害者になるというものです。

おすすめの記事