啓蒙は「何も知識や情報のない人に教えること。」

「啓発」と言い換えると分かりやすい。

教化は「権力者が行う同化政策のこと」。

「強制教育」と言い換えると分かりやすい。

「啓蒙」は未開の人や後進国に呈して知識や情報を与える活動のことです。

「教化」は良い意味ではなく例えば異国民・異宗教・異文化を自国の文化に同化しようとする権力的政策のことです。

「啓蒙」は知識・情報の啓発です。

「啓蒙」の「啓」は「教え導くこと」、「蒙」は「知識に疎く物事に暗いこと」ですから、「啓蒙」は「知識がない人々を教え導く」になります。

未開地や後進国に手ほどき的なことをすることも言いますが、会社組織や集団に属する人に対して特定の知識の普及を行うことも「啓蒙」活動と言います。

啓発活動と似たような意味にもなります。

「教化」は同化政策です。

「教化」は支配している他国民を自国の文化に同化するために行われる政策のことを言います。

本来は仏教用語で「きょうげ」と言い人々を善行に導くことを言いました。

言葉が違えば自国語を強制すること、改宗をすること、自国の文化を押し付けることなどで同化政策というものです。

「教育」とは違い「強制的な教育」と言えます。

「啓蒙」は善意の行動で「教化」は悪意の行動です。

「啓蒙」は「無知蒙昧」な人々に対して行う「啓発」ですから善意の行いとなります。

「教化」は同化政策という国家権力による悪意に満ちた行いと言えるものです。

権力側から言うと善行なのでしょうが、される側からは非道な行いと映るのです。

強権国家は支配下にある多民族を「教化」することが国際的批判を浴びると、「国内問題」に干渉するべきでないという理屈の通らないことを言います。

「啓蒙」と「教化」の違い。

「啓蒙」も「教化」も知識・情報の伝達行為なのですが、その目的は全く異なるものです。

「啓蒙」は善意の活動に対して、「教化」は悪意に満ちた非道な行為となります。

強権国家は支配下に置かれた他民族に、まず言葉から変えるように強制をするのです。

かつての日本が韓国や台湾にしてきた日本語政策と同じです。

「教化」は同化政策として強制的に行われているものです。

おすすめの記事