褒美は「良い意味の評価をして与える金や品物のこと」。

「評価見返品」と言い換えると分かりやすい。

褒賞は「ハイレベルの評価をして与える金や品物のこと」。

「最良評価見返品」と言い換えると分かりやすい。

褒美より褒賞の方が評価のレベルは高い感じがします。

また、個人から個人ではなく組織から個人に送られるイメージがあります。

「褒美」は貰って嬉しいものです。

「褒美」は「ご褒美」と言う言葉があり子供にも与えるものですが、大人が貰っても嬉しいものです。

何か評価されることをした場合、誉めることだけではなくお金や価値ある品物を与えることです。

お金も評価の程度により多い場合と最低限の場合があり、お金より品物に置き換える場合も多くあります。

上のものが下のものに与えるのですが、制度化されている場合と、その場の思い付きの場合が考えられます。

「褒賞」は高い評価を受けた場合に貰える金品です。

「褒賞」は大勢の人の前でその人を高く評価し与えられる金品のことです。

評価して褒め称えることも言いますが、大体が「褒美」としてのお金や品物が伴います。

例えば「営業成績が優秀だったので、朝礼の時皆の前で金賞と言う褒賞を受け金一封を貰った」「その年の優秀勤務者に選ばれ、褒賞を受けた」「褒賞とは表彰と金品贈与のことだ」などと使います。

「褒賞」を受けられるので「褒美」が楽しみだ。

「褒賞」は組織に居れば年数を重ねることや成績が良ければ貰えるものです。

定年が迫り、勤続年数が規定の褒賞対象に達したので、「褒賞」を受けられることになりました。

金一封の額は決まっているのですが、副賞の品物はカタログから自分で選べる方式なので何にしようか今から楽しみです。

永年勤続の証となる記念品にしたいと思っています。

「褒美」と「褒賞」とは。

「褒美」は目上の個人から目下の個人に与えられるものです。

「褒賞」は団体からグループや個人に与えられるものになります。

これらは何か評価されることがある場合に与えられるものなのですが、評価はまちまちです。

「褒賞」の方が「褒美」だけより表彰や金一封・副賞があり、大勢の人の前で行われるので一層有難いと感じます。

おすすめの記事