体操は「体を動かす総称のこと」。

「柔軟体操」と言い換えると分かりやすい。

ストレッチは「ゆっくり呼吸を合わせて体を動かすこと」。

「呼吸運動」と言い換えると分かりやすい。

体操は様々な種類があり、目的に合わせて行います。

ストレッチは呼吸を合わせて行う筋肉の屈伸運動のことになり、比較的ゆっくりとしたスピードで行うものです。

「体操」は体を動かすことです。

「体操」はその目的により何通りかの方法があります。

音楽に合わせ全身をくまなく一通り動かす「ラジオ体操」、本格的な運動の前に筋肉をほぐしておく「準備体操」、運動の後に呼吸を整える「整備体操」、呼吸に合わせてユックリと身体を柔らかくする「柔軟体操」、身体だけを使う「徒手体操」、機械を一部取り入れた「手具体操」、機械を使い行う「機械体操」などがあります。

「ストレッチ」は筋肉を伸ばすことです。

「ストレッチ」はある筋肉を対象に呼吸を合わせてユックリと伸ばしていく体操です。

普通の筋肉や関節の可動域を広げることを目的にしているものは、静的ストレッチとも言います。

これに対する動的ストレッチもありますが、反動をつけた動きをして怪我の予防などを目的とします。

「ヨガ」に似た動作が多い「アクティブ静的ストレッチ」と言われるものあります。

「ストレッチ」は「体操」より気楽に出来る。

「ストレッチ」は自宅でも時間があればすぐにでも出来るものです。

「体操」は一定の時間を掛けて行うイメージがあり、なかなか毎日することは難しいのですが、「ストレッチ」は思い立った時に、好きな部位を動かせばよいという気楽な面があります。

本格的な「体操」ではなく気楽でも正しい「ストレッチ」を、毎日少しでも継続して行う習慣を付けることは有効なことです。

「体操」は全身、「ストレッチ」は部分的に行います。

「体操」は順序立て全身を対象にある程度のスピード感を持って行うもので、例えば、「ラジオ体操」・「準備体操」・「柔軟体操」・「機械体操」などがあります。

体の筋肉や関節の堅さをほぐし、素早い体の動きが出来るようにするものです。

「ストレッチ」は特定の筋肉を伸ばすことで、呼吸を合わせて比較的ユックリと行うものです。

気楽に継続して行うことが出来、高齢者にもあった体操といえます。

おすすめの記事