ウェルネスは「WHOの健康についての考えを更に進めたもののこと」。

「健康的生活」と言い換えると分かりやすい。

フィットネスは「健康に良いと思われるもののこと」。

「有酸素運動」と言い換えると分かりやすい。

「ウェルネス」は健康的な考え方・生活のこと、「フィットネス」は健康的な考えに基づいた有酸素運動の総称です。

「ウェルネス」は健康的生活の追求です。

「ウェルネス」とは1961年にアメリカのハルバート・ダン博士が提唱した健康に関する考え方のことで、単に病気にならないことではなく、より健康に生活することを言うものです。

考え方の基礎にはWHOが言う「健康」とは何かがあります。

健康的なことを前向きに捉えて、自分に適したより良いライフスタイルを求めるものです。

「フィットネス」は健康を目指して運動をすることです。

「フィットネス」は元来、病気をしない健康のことですが、健康な体を維持するために行われる様々な有酸素運動のことを言いまです。

1930年代からアメリカで提唱されたもので、今では浸透している考え方や行動になっています。

フィットネスクラブが盛んに開設され、「ジム・プール・スパ・ゴルフ・リラクゼーション」などが行われています。

「ウェルネス」も「フィットネス」も健康的生活を目指しています。

「ウェルネス」ではその考え方に従って、ウェルネス産業が発達し健康・医療・衣食住・環境・ライフスタイルなどあらゆる分野で参入をしています。

健康のために一生懸命何かをすること、熱中して生きがいを見つけることが目標です。

「フィットネス」も健康維持のための運動のことで、有酸素運動になるものは「フィットネス」と言えるかも知れません。

「ウェルネス」は健康についての考え方、「フィットネス」は有酸素運動のことです。

「ウェルネス」はただ健康だけではなく、より良い健康的生活を求めて何かに没頭することです。

「フィットネス」も運動を通じて酸素をより取り込むことを目指しています。

定期的な続けられるトレーニングをすることが求められています。

それにより、心肺機能の向上・慢性疾患の発生を予防・冠動脈疾患のリスクの低減などが期待されます。

おすすめの記事