取締役は「会社の重要事項を決定できる役員のこと」。

「重役」と言い換えると分かりやすい。

執行役員は「取り締まりが決定した重要事項を失効する従業員のこと」。

「取締役補佐」と言い換えると分かりやすい。

常務は「社長を補佐する取締役のこと」「役付き取締役」と言い換えると分かりやすい。

専務は「社長を補佐し常務より上の取締役のこと」。

「上級役付き取締役」と言い換えると分かりやすい。

「取締役」は役員で最低3人は設置する義務があります。

「取締役」は「代表取締役」始め3人必要とされます。

株主総会で選出されることになり、会社の重要事項の決定に携わります。

「平取締役」「常務「専務」などすべてが含まれます。

設置される目的は代表取締役社長の独断専行による経営を防ぐという任務です。

取締役会では例えば、新株発行などの重要事項の決定がなされます。

「執行役員」は従業員です。

「執行役員」は取締役ではなく、取締役を補佐し、会社が決定した重要事項の執行をする社員のことです。

法律で定められている訳ではなく、会社の任意の役職になります。

しかし、事業統括・執行の責任を負わされていますから、一般の社員の中から選ばれるとしたら部長格の人になります。

部長より一ラング上の職と考えられます。

「常務」は取締役の上の格付けです。

「常務」は取締役の中でも、責任を重く負わされる立場になり平取締役と区別される役職です。

取締役の中でも専務に次ぐ地位とされ、平取りや執行役員の間に立つ橋渡しのような存在です。

取締役ですから社長の補佐は勿論し、また日常業務についても監督しなければならず、いうなれば部長職の最上地位にもいることになります。

「専務」も社長の補佐をします。

「専務」は社長の補佐業務を専らにする為、常務のように日常業務には首を挟みません。

より経営的な仕事に就き社長不在の時は代行もするのです。

大きな組織の会社の地位は会長・社長・副社長の次に置かれる役職になります。

給与は他の取締役と同様に年俸制となりますので残業代などは付きません。

専務になれば次期社長と目されるようになり、非常に重要な地位と言えます。

おすすめの記事