「制作」は、芸術作品などを考えつくることです。

「卒業制作」「油絵を制作する」のように使います。

美術作品や映画や放送番組やレコード(音楽作品)などをつくることです。

また、その作品を指します。

「番組制作会社」「映画制作のために資金を集める」のように使います。

「製作」は、物を作ることです。

「模型飛行機を製作する」「サンプルを製作する」のように使います。

また、映画・演劇・放送番組をつくることです。

「プロデュース」のことです。

「映画製作は機材の用意が大変だ」「テレビ番組の製作は、スタッフにかかっている」のように使います。

「制作」の意味

「制作」は、芸術作品などを作ることです。

「制作物を展覧会に出す」「絵画を制作する」のように使います。

また、演劇・映画・テレビ・ラジオ作品などを作成・発表する過程に於いて、芸術・実務の両面にわたる活動全般をいいます。

「製作」の「映画・演劇・放送番組をつくること」と同じ意味です。

「テレビ局で教育番組の制作にたずさわる」「映画の制作者」のように使います。

英訳する場合、「Production/ a product/ a work of art 」で訳されます。

<プロデューサー・システム>
日本における映画や演劇やテレビの「制作」は、「プロデュース」「プロデューサー」と呼ばれます。

「制作」は実務面の活動を意味し、企画立案・脚本の選定・公園スタッフの編成・俳優や劇場との契約・宣伝・観客動員などを担当します。

プロデューサー・システムは、外国のショービジネスの「制作」に於いて一般的手法です。

「制作全般」が独立したプロデューサーの手にゆだねられています。

プロデューサーは、企画に基づいて興行のための資金集めを行い、戯曲の上演権を買い、劇場を借り、スタッフを雇用します。

よって、上演の成否の最終責任を芸術的にも経済的にもプロデューサーが負います。

「製作」の意味

「製作」は、物を作ることです。

また、作ったものを指します。

機械や道具を使って物品をつくることです。

「作製」と同じ意味です。

「製作図」「電化製品を製作する」のように使います。

また、映画・演劇・放送番組をつくることです。

「プロデュース」のことです。

「制作」と同じ意味です
「プロデュース」は、映画・演劇テレビ番組などを企画制作(製作)することです。

英訳する場合、「Manufacture/production /make 」 で訳されます。

「制」と「制」の字義と 解字

「制」の字義(漢字の意味)は、「押さえつける」「占める」「切る」「つくる」「おさめる・つかさどる」「則・おきて」「みことのり」です。

解字(漢字の解説)に於いて、篆文(書体の一種)では、「制」は「刀+未」で構成されます。

「未」の部分は、枝の重なる木の象形です。

「余分な枝を削いでおさえる」という意味を表します。

「製」の字義(漢字の意味)は、「裁つ」「つくる」「きもの」「つくり」「衣類を数える場合の語」です。

解字(漢字の解説)に於いて、「製」は「衣+制」で構成されます。

「制」の部分は、「木の枝を削ぎ整える」という意味です。

これらから、「衣類を裁ちつくる」という意味を表します。

「制作」は、映画やテレビ番組をつくることや、その役割、「製作」は、道具や機械などを用いて製品(物品)をつくることです。

「製作」「制作」「作製」「作成」「製造」は、類語です。

共通する意味は、「物を作ること」です。

「製作」は、道具や機械などを用いて物品をつくることです。

「制作」は、映画やテレビ番組をつくることや、そういった仕事や役割を言います。

「作製」は、品物や機械あるいは図面を作ることを言います。

「作成」は、書類や文章を作る場合に用います。

「製造」は、原料を加工して大量に物を生産することを言います。

主に工場で生産する場合に用いる言葉です。

おすすめの記事