「お辞儀」と「会釈」の大きな違いについて説明します。

「お辞儀」は頭を深々と下げてあいさつすることです。

「会釈」は軽く挨拶をすることです。

前述したようにお「お辞儀」というのは、敬意を表すときに使うもので人間関係を構築するときに使います。

逆に「会釈」は軽いあいさつ程度で、頭下げる角度も「お辞儀」は30度程度に対し、「会釈」は15度程度です。

「お辞儀」とは相手に向かって敬意や感謝、挨拶の意を伝えるときに使われるもの

お辞儀は、ちょうど良いころ合いを意味する「時宜」が語源となっておりここから「物事が成立するのにちょうど良い状況」のにようないみで使われるようになりました。

そこで他人への配慮といった意味が派生し、現在このような意味でつかわれるようになりました。

また人間関係を構築する際に、「お辞儀」が必要であり、使われています。

「会釈」とは、挨拶するための軽いあいさつです。

会釈はもともと仏教用語で、和会通釈を略した表現です。

これはもともと仏教で互いに反する二つのことを照合し矛盾のないことを指しますが、「人間相互の融和」という意味も派生し、「挨拶」の意味でも使われるようになりました。

このように会釈はお辞儀の一種で互いに頭を下げることに関しては、違いはありませんが、頭を下げる角度で違ってきます。

「お辞儀」と「会釈」の用法

「お辞儀」の用法は、先ほども書いた通り、人間関係を構築する際に使用します。

契約時、承諾を得るとき、お願いをするときなどに使われます。

「会釈」については、軽い挨拶に使われます。

知り合いとすれ違う時、上司、部下とすれ違う時などに使い、深い挨拶ではありません。

このように二つの挨拶をその場その場の状況によって使い分けます。

「お辞儀」と「会釈」について

「お辞儀」と「会釈」について深く調べれば調べるほど、もともとの語源からどのように派生したのかなどを知ることができ、使い分けにもしっかりこだわらないと社会人として恥ずかしいことだなと思いました。

このようなことを調べなければ知ることもなかったし、無意識に使い分けていたのかもしれないので、今の段階で知れてよかったなと思いました。

おすすめの記事