ランクは「ものの優劣を表す順位のこと」。

「位置づけ」「階級」と言い換えると分かりやすい。

レベルは「ものの優劣で特定の位置のこと」。

「程度」「水準」と言い換えると分かりやすい。

クレードは「ものの優劣で特定の位置にある集団のこと」。

「等級」と言い換えると分かりやすい。

クラスは「ものの優劣で程度が同じ集団のこと」。

「階級」「層」と言い換えると分かりやすい。

「ランク」は評価で決まる順位のことです。

「ランク」はあることにおいて第三者の格付けで決まる序列のことになります。

「序列をつけることをランキングと言います」「ランク付けをした」「一ランク上の存在」「ランクを落としたくない」「ランキングのトップを毎年維持している」など人気投票で決まるランクや、いろいろな分野で程度や大きさを比較することで決まるランクがあります。

「レベル」は特定されるある水準のこと。

「レベル」は序列の中で特定の位置にある水準や階級のことです。

例えば「この競争はハイレベルの選手が揃っている」「もともとレベルが違うので比較にもならない」「レベルを合わせないと不公平です」「レベルにあった者同士が戦う」などと使います。

囲碁将棋の段位、スポーツにおける強さ別の階級など様々な分野で設定がされています。

「グレード」は序列の中の特定の等級集団のことを言います。

「グレード」は「等級」の意味です。

難易度、強さ、ものの価値などで区分されます。

お米や果物などの食品の「グレード」は格付けの意味があり、競馬の最高レースの「G1」は「グレード1」の略です。

「グレードが上がったので苦戦した」「品評会で最高のグレードに格付けされた」「グレードが良くないものは贈答用には使えない」などと使います。

「クラス」は「階級」「層」などの意味があります。

「クラス」は例えば「この人の技量はハイクラスだ」「このクラスは裕福な上級層に属します」「この程度なら中間クラスとなります」「このクラスの人数は全体から見るとかなり多いと言えます」「これならトップクラスと言えるでしょう」などと使います。

「クラス」は特定の集団なのことなので、個人を指す言葉にはなりません。

おすすめの記事