親睦は「お互いに人間関係をよくして仲が良くなること。」

「懇親」と言い換えると分かりやすい。

親善は「お互いに仲を良くすること」。

「友好」と言い換えると分かりやすい。

親睦は「親睦会」で使い、親善は「親善試合・親善大使・親善病院・親善使節」などの言葉があります。

親睦も親善も人間関係をもとに団体や集団・自治体。

国などが仲良くすることです。

「親睦」は仲を良くする活動のことです。

「親睦」は「親睦会」という言葉で使われます。

「むつみ親しむ」ということですから、人間関係を良くすることです。

使い方は「親睦を図る」「親睦団体」「親睦を深める」「親睦の目的」などがあります。

似た言葉で「懇親会」がありますが、初対面の人もいる会のことで、目的をもって親しくすることです。

「親睦会」はすでに親しい間柄をより深くすることです。

「親善」も親しくすることです。

「親善」は「親しく善くすること」ですから、友好的にお互い仲を良く使用という目的で行われるものです。

よく使われる言葉として「親善試合」があり試合を通じて集団や国が仲良くすることです。

「親善大使」「親善使節」なども特定の人を任命してお互いの仲を取り持つことをして貰います。

「親善試合でも本気を出して戦うこと」「親善大使にこのほど任命されました」などと使います。

「親善」も「親睦」を図ることです。

「親善」も「親睦」もお互いの仲を良くする行為なのですが、「親善」により「親睦」を図ると言えます。

「親善」によりお互いの関係が築かれて「親睦」が行われる訳です。

例えば「親善試合が行われ手ので選手同士の親睦も取られた」「親善大使は相手国の人と熱心に親睦を図っていた」「親善関係があって親睦がある」などと使います。

「親睦」と「親善」とは。

「親睦」は集団や組織がお互いに仲をや良くしようということです。

感謝の飲み会・クラス会・送別会などは「親睦会」と言えます。

また、「歓迎会」は懇親会となります。

懇親会は顔合わせの目的があります。

「親善」はやはり仲を良くする行為なのですが、「親善試合」や「親善大使」などを介してお互いの理解や信頼関係・人間関係を構築するものです。

おすすめの記事