所持は「物などを身に付けて持っていること」。

「携帯」と言い換えると分かりやすい。

保持は「物や記録などを持ち続けていること」。

「継続所持」と言い換えると分かりやすい。

維持は「ある状態を保つこと」。

「保全」「持続」と言い換えると分かりやすい。

所持・保持・維持も必ずしもものに限りません。

例えばスポーツなどで記録的なタイムも言います。

また、所持・維持は法律用語で使うことも多い言葉です。

「所持」は持っていること
「保持」はあるものや記録などを続けて持っていることです。

良いもの・優れたもの・使い勝手の良いものなどを続けて持っていることです。

例えば「王選手は長いことホームラン記録を保持していた」「タイトル保持者」「世界新記録保持者」「国家の機密は保持されなければならない」「品質保持は製造業の要だ」などと使います。

「維持」は状態をそのまま保つこと
「維持」はある一定の状態や様を変えないで持ち続けることです。

例えば「健康診断を受けて健康を維持しましょう」「品質管理部は製品の品質を維持する部署です」「その姿勢を維持してください」「返済がこれまでのようにキチンと維持できないならば、自己破産ですよ」「衛生管理を徹底して維持しましょう」などと使います。

どの様なときに「所持・保持・維持」になるのか。

「所持」はものなどを持っていることです。

物は自分のものでなくとも、人に指示して事実上持っていても所持になるのです。

法律で禁止されるものも多くあります。

「保持」は物や記録などを持ち続けることです。

例えば国家機密・製品品質・新記録など。

「維持」は状態などを保つことです。

例えば健康や製品の品質・返済・衛生状態などです。

持つ

持つ行為は「所持・保持・維持」などの他携帯・所有・保有などがあります。

「所持」は自分または他人のものかに拘わらず持っていることです。

「所持品検査」「単純所持」「危険物所持」などの言葉があります。

「保持」は状態を保つことです。

「国家機密保持」「製品品質保持」「世界記録保持者」など。

「維持」は一定の状態を変えないで保持することです。

「健康維持」「姿勢維持」「返済維持」などの言葉があります。

おすすめの記事