「配慮」は、よく考えて心を配ることです。

英語では「consideration」「concern」「trouble」で表されます。

「心配り」は、あちこちに気を配ることです。

「配慮」のことです。

英語では「consideration」「thoughtfulness」で表されます。

「他人に対して心配りする」は、「be considerate of others」で表されます。

「心遣い」は、あれこれと気を配ることです。

「配慮」ことです。

英語では「consideration」「thoughtfulness」で表されます。

「配慮」の意味

「配慮」は、心を配ることです。

「心遣い」の意味です。

よく考えて心を配ることです。

英語では以下のように表されます。

「思いやり」の意味では、「consideration」で表されます。

「気遣い」の意味では、「concern」で表されます。

「骨折り」の意味では、「trouble」で表されます。

以下のように使います。

安全性に配慮する
当人の気持ちを配慮する
ちょっとした配慮
配慮に欠けた振る舞い
あたたかい配慮
慎重な配慮
ご配慮ありがとう

「心配り」の意味

「心配り」は、あちこちに心を配ることです。

「配慮」のことです。

あれこれ気を使うことです。

「心遣い」のことです。

英語では以下のように表します。

「配慮」の意味では「consideration」で表されます。

「気遣い」の意味では、「thoughtfulness」で表されます。

以下のように使います。

ちょっとした心配り
心配りに欠けた振る舞い
あたたかい心配り
御心配りありがとう
細心の心配りで接客する

「心遣い」の意味

「心遣い」は、人のためを思って色々気を使うことです。

心を油断なく働かせることです。

「警戒」「用心」です。

枕草子(3)に「うたれじと用意して、常に後ろを心遣いしたりけるけしきもいとをかしきに」とあります。

意訳は「この仕返しはきっとあるだろうと、いつも後ろを心配りしないでいられないのも面白いのに」です。

以下のように使います。

ちょっとした心遣い
心遣いに欠けた振る舞い
あたたかい心遣い
お心遣いありがとう

「配慮」は深く考えて気を配ること、「心配り」」はあちこちに心を配ること、「心遣い」は相手のために良いようにと、思いやりの心を働かすことです。

「配慮」「心配り」「気配り」「心遣い」「気遣い」は類語です。

共通する意味は「手落ちや抜かりのないように気をつけること」です。

「配慮」は、深く考えて気を配ることです。

「心配り」は、あちこちに心を配ることです。

「配慮」のことです。

「心配り」「心遣い」は、相手のために良いようにと、思いやりの心を働かすことです。

「気遣い」は、「人に怪しまれる気遣いはない」のように心配」の意味でも使います。

おすすめの記事