「レインコート・raincoat」は、「雨天用のコート」です。

「雨外套」のことです。

衣類が雨で濡れるのを防ぐためのコートです。

防水布・ビニルなどで作ります。

「レインウェア・rainwear」は、「雨着」です。

「雨の中で身に着けるのに適した材料で作られた服」という意味です。

「カッパ」は、雨よけの上着のことです。

雨よけに着るマントのことです。

「雨合羽」のことです。

ポルトガル語の「capa」の当て字です。

「レインコート」の意味

「レインコート・raincoat」は、「雨天用のコート」です。

「雨外套」のことです。

衣類が雨で濡れるのを防ぐためのコートです。

防水布・ビニルなどで作ります。

「雨コート」ともいいます。

<雨コート>

レインコートともいいます。

雨天の際、衣服が濡れるのを防ぐために着るコートのことです。

和服用と洋服用があります。

生地は、厚での綿織物・合繊・ウールなどです。

水をはじく性質のもの、または、防水加工した布地が用いられます。

レインコートの防水を考案したのは、英国のマッキントッシュ(1766~1843年)です。

彼の発明後、適用される生地の範囲は広まりました。

軽い素材のものが使われるようになりました。

デザインは、一般のコートと大差ありません。

トレンチコートはその代表的なものです。

「レインウェア」の意味

「レインウェア・rainwear」は、「雨着」です。

「clothes made of a material that makes them suitable for wearing in the rain」
「雨の中で身に着けるのに適した材料で作られた服」という意味です。

<雨着>
衣服の上に着て雨を防ぐものです。

レインコートなど雨を防ぐために着る衣類です。

最近、レインコートは、かさばらず携帯に便利なように、ビニルやビニルコーティングを施した生地で作られるようになりました。

「カッパ」の意味

「カッパ」は、雨よけに着るマントのことです。

「雨合羽」のことです。

ポルトガル語の「capa」の当て字です。

昔、ポルトガル人の外套を模して作られました。

ポルトガル語では「capa」です。

英語では「a rain jacket」で表されます。

荷物などを覆う雨具は「a tarpaulin」で表されます。

江戸時代に流行した塵除け・雨具兼防寒具のことです。

「合羽」は、ポルトガル語の「capa」の当て字です。

15世紀後半、南蛮文化と共に輸入されました。

日本語では「南蛮蓑」と呼ばれました。

ラシャで作られ、色は黒・赤・緑などがあります。

特に、緋色は「猩々緋・しゅうじょうひ」と呼ばれ「最高級品」とされました。

ポルトガル人の外套を模して作られた「合羽」は、広げると丸いことから「丸合羽」とも呼ばれました。

18世紀後半、縞木綿で作られるようになりました。

「回し合羽」「引き回し」と呼ばれました。

赤い桐油紙で作られたものが「赤合羽」と呼ばれるものです。

「丸合羽」を着物仕立てにしたものが「袖合羽」です。

これを防寒具として独立させたものが「被布・座敷合羽」です。

「袖合羽」の一種で、丈が短く四角い襟に特色のあるのが「鷹匠合羽」と呼ばれるものです。

これを歌舞伎の道行きに用いたことから「道行」と呼ばれるようになりました。

「道行」は、江戸時代の女性が一般的に用いました。

<被布>
被布は、着物の上にはおる防寒具のことです。

おくみが深く、胸で両前をあわせるように作った外套です。

「レインコート」は雨天の際、衣服が濡れるのを防ぐために着るコートのこと、「レインウェア」は「雨着」、「カッパ」は雨よけの上着のことです。

「レインコート・raincoat」は、雨天の際、衣服が濡れるのを防ぐために着るコートのことです。

水をはじく性質のもの、または、防水加工した布地が用いられます。

最近、軽い素材の物が使われるようになりました。

「レインウェア・rainwear」は、「雨着」です。

「雨の中で身に着けるのに適した材料で作られた服」という意味です。

最近、レインコートは、かさばらず携帯に便利なように、ビニルやビニルコーティングを施した生地で作られるようになりました。

「カッパ」は、雨よけの上着のことです。

「雨合羽」のことです。

ポルトガル語の「capa」の当て字です。

昔、ポルトガル人の外套を模して作られました。

おすすめの記事