賭博は「お金などを掛けて勝負をすること」。

「ギャンブル」と言い換えると分かりやすい。

博打は「賭博の中でも限られたもののこと」。

「さいころ賭博」と言い換えると分かりやすい。

博打は賭博の範疇に入るもので、方法がさいころやトランプカード、花札などに限定された呼び名になります。

賭博も博打も法律により厳しく規制されています。

「賭博」は広い意味でのギャンブルのことです

「賭博」はお金をかけて勝負をし、当たれば何倍かのお金が手許に入り、外れれば賭けたお金は失いますので高リスク高リターンの典型的なものになります。

法律で厳しく規制されますが、一部は公営ギャンブルとして認められています。

競馬、競輪、競艇、オートレースなどですが、宝くじもギャンブルといえます。

そのほかの度が過ぎる賭けマージャン、賭けゴルフや野球賭博など、あらゆる種類の「賭博」行為は禁止されています。

「博打」は賭博の中でも限られたものこと
「博打」は賭博の一種で典型的で伝統的なものには、さいころ賭博と花札賭博があります。

外国ではトランプカードによるものが博打の典型とされています。

なかでも特にさいころによる丁半博打はリスクが大きく、江戸時代から禁止されているものですが、密に開帳をして一般人からお金を巻き上げていたことは時代劇でも御馴染みです。

今や「博打」は廃れたものの公営ギャンブルで「賭博」行為を楽しんでいる人は多い。

「博打」は江戸時代からの賭博行為でしたが、現代では個人的にすることはあっても廃れています。

代わりに国公認の競馬や競輪などの公営ギャンブルで、国民は公然と博打行為を楽しんでいます。

「賭博」が原則禁止行為なのは解禁すれば労働意欲が無くなるというのが最大の理由で、暴力団の資金源になることも想定されます。

カジノに慎重な理由もここにあります。

「博打」も「賭博」も人類から無くなることはありません。

「博打」は「さいころ」やなどの道具を使用したリスクの非常に高い「賭博」でしたが、現代ではFX のオプション取引で丁半の「博打」性が生きています。

一部を公営としていることで国民の欲求のはけ口を設けている訳ですが、個人的な賭け麻雀や賭けゴルフから公営ギャンブルまで、あらゆる「賭博」行為は人類がいる限り無くなることはありません。

おすすめの記事