科学は「森羅万象を体系的にまとめた知識のこと」。

「学問」「学識」「サイエンス」と言い換えると分かりやすい。

化学は「物質の特徴や性質、構造、反応などを原子レベルで調べること」。

「ケミストリー」「無機」「有機」と言い換えると分かりやすい」科学は学問全体を表す言葉ですが、化学はその一部としての位置づけになります。

科学は自然科学、人文科学、社会科学のことです。

科学は狭義では自然科学を意味しますが、もう少し広く考えますと人文化学、社会科学の分野も含まれます。

自然科学はいわゆる小学校で習います理科になります。

あらゆる理科系の学問が相当しますので、範囲は膨大なものになります。

代表例としましては物理学、生物学、地学、天文学などです。

人文化学や社会科学は人間が対象となる学問です。

化学は物質の性質・構造・反応などを研究します。

化学は自然科学の一分野で、物質の構造や物質間の反応などを研究します。

他の自然科学の物理学や生物学などとも密接な関係があります。

物質の原子・分子レベルまで考えまして、構造や性質、生成、物質同士の反応などを調べます。

無機化学・有機化学、化学式、化学反応、分析化学、応用化学、地球科学などたくさんの言葉があります。

科学と化学は密接な関係にあります。

例えば物理学で、原子のことを研究していますが、化学はまさに酸素・炭素などの原子レベルで結合、反応などいろいろなことを研究します。

原子・分子の結合や物質感の反応は化学の世界です。

また、そのほかの自然科学系の分野とも密接に融合しているためにあらゆる分野で化学の知識は欠かせません。

科学も化学もこの世の中の物質をあつかうのです。

科学は学問の総称としての大きな意味があり、化学はその一分野です。

科学は自然科学の他、人文化学、社会科学も含みますので学問全般を指す言葉になります。

化学は自然科学の一分野とは言え、そのほかの自然科学と切っても切れない密接な関係にあります。

よく化学的に考えると言いますが、原子レベルで考えるということです。

化学は特に物質の生成、反応を調べ、新しい物質の創成が可能な学問です。

おすすめの記事