「直視」は、目をそらさず、まっすぐに見つめることです。

英語ではで「look a person in the face」表されます。

「現実を直視する」は「look squarely at reality」「look reality in the face」「face up to reality」です。

「後ろめたいことがあって、父の顔を直視できなかった」は

「Since I had a guilty conscience, I could not look my father in the eye.」です。

「正視」は、真正面から見すえることです。

英語では以下のように表されます。

「まっすぐ見る」という意味に場合「look a person in the face」「look straight at a person」です。

「まともに見る」という意味の場合「look at」「face up to」です。

「事態を正視すべきである」は「You have to face( up to) the situation.」です。

「直視」の意味

「直視」は、以下のような意味です。

①目をそらさず、まっすぐに見つめることです。

②また、物事の本当の姿を正しく見つめることです。

事実をありのままに見ることです。

以下のように使います。

前方を直視する 相手の顔を直視する

直視できない惨状 現実を直視する

相手の直視を避ける

【直視検査】

直視鏡で直接患部を見て異常の有無を確かめる検査のことです。

高解像度のビデオ装置や各種のファイバースコープによる胃カメラ検査がこれにあたります。

「正視」の意味

「正視」は、以下のような意味です。

①真正面から見すえることです。

まともに見ることです。

「直視」のことです。

②直視・遠視・老眼などでない正常の視力、またはそれを持つ眼のことです。

以下のように使います。

正視できない惨状 相手の正視を避ける

正視に耐えない 正視するに忍びない

「look」の原義は「見る」「目つき」「顔つき」「~に見える」「様子」などです。

他動詞に於いて、「人の~をじっと見つめる」という意味があります。

その場合、「~を直視する(in)」「~を捜す(up)」「~を調べる(over/through)」を表します。

正・視の漢字

「正」

字義は「ただしい」「ただす」「あらかじめする」「まつりごと・政治」「かしら・おさ」「長男・嫡子」「北斗七星の第一星の示す方向」

「同じ官位の上位・主となる方」「まさに」「本すじのもの・主なもの」です。

解字に於いて、篆文では、「一+止」で構成されます。

甲骨文字では「口+止」で構成されます。

「口」の部分は「国や村」の象形です。

「止」の部分は、「足」の象形です。

「他の国へ向かってまっすぐ進撃する」を表します。

「征」の原字です。

転じて、「まっすぐ」「ただしい」を意味します。

「視」

字義は「みる」「のっとる・規範とする」「なぞらえる」「しめす・教える」です。

解字では、「見+示」で構成されます。

「示」の部分は「指さす」を表します。

これにより「一点に視線を集中させて見る」を意味します。

「直視」は 目をそらさずまっすぐに見つめること、「正視」は、 真正面から見すえることです。

「直視」「正視」は、類語です。

共通する意味は「目をそらさずに、まっすぐに対象を見ること」です。

「直視」は、まっすぐに見つめることです。

「現実を直視する」のように、事実や事態の本当の姿をありのままに見つめることです。

「正視」は、真正面から見つめることです。

多くの場合、後に打消しの言葉や否定的な意味を含む言葉が来ます。

おすすめの記事