後片付けは「何かをした後、散らかっているものを整理すること」。

「後整理」と言い換えると分かりやすい。

後始末は「片付けること、何かの問題の後処理をすること」。

「後処理」と言い換えると分かりやすい。

後片付けも後始末も片付けることは同じですが、後始末はトラブルなどの後処理の意味があります。

「夏の夜に自宅前で花火を楽しんで、燃えカスが残らないように後始末をしておいた」と使います。

「後片付け」は元通りにしておくこと
「後片付け」は催しものや食事・会議などが終わった後の片付けのことです。

例えば「我が家の習慣として、食事の後片付けは皆で一緒に協力して行っています」「イベント会場の後片付けは大変です」「会議の後片付けに協力をお願いします」「後片付けはいつも女性に押し付けるのは止めましょう」「いい子だからキチンと後片付けしなさい」などと使います。

「後始末」は別の意味も持っています。

「後始末」は片付けること以外に、トラブルなどの事後処理のことを言うことがあります。

例えば「先に帰りますが、ガス栓や戸締りなどの後始末をキチンとお願いします」「後始末が出来出来ないなら、最初からやるのではない」「トラブルの後始末は大変だ」「喧嘩の後始末は両方に顔を立ててあげることです」などと使います。

テントの「後片付け」が済んだら、火の「後始末」もお願いします。

キャンプの撤収はテントの片付けなど時間の掛るものです。

全員で「後片付け」をして元通りの状態に戻し、火の「後始末」も忘れずにします。

火を甘く見ると山火事を引き起こす原因となりますので、多分大丈夫と考えないで複数の人と「後始末」を完全にすることが大事です。

それでキャンプの「後片付け」が完全に終わるのです。

「後片付け」と「後始末」

「後片付け」はイベントや野外活動・家での食事・会社の会議などが終わった後の処理のことです。

物や食事の後始末・お茶などの片付け・食事の後片付けなど元通りにすることです。

使い終わったものの洗い、不要ごみの廃棄、整理整頓などいろいろあります。

「後始末」も同じですが、「トラブルの後始末」と言う意味もあります。

おすすめの記事