シルバーシートは「当初、電車の中に高齢者向けに作られた席のこと。」

「高齢者席」と言い換えると分かりやすい。

優先席は「高齢者だけでなく社会的弱者が優先して座れる席のこと」。

「社会的弱者席」と言い換えると分かりやすい。

当初は、シルバーシートは高齢者を想定していましたが、現在は社会的弱者のための優先席になっています。

「シルバーシート」でシルバーは高齢者と言う意味が定着しました。

「シルバーシート」は当初、国鉄の発案で高齢者向けの座席を確保する意味で作られました。

シートの色をシルバーにしたために高齢者=シルバーと言うことになり定着した言葉となっています。

現在でもこの呼称は使われますが、鉄道事業者により呼び方は異なることがあります。

「シルバー人材センター」「シルバー料金」「シルバー割引」など定着しています。

「優先席」は今では当たり前の呼び方
「優先席」は「シルバーシート」が改良されたものです。

はじめは女性専門車両と合わせて高齢者専門の座席を作りましたが、社会的弱者である体の不自由な人や妊婦・乳幼児連れ・ベビーカー・体調不良者なども想定した座席に変わっています。

鉄道のみならず、乗り合いバスにも同様な席が設けられました。

あくまでも「優先席」のため一般乗客も座れるのですが、空いていることが多いようです。

「シルバーシート」が「優先席」になりました。

「シルバーシート」が初めてできたわけで「優先席」はのちに作られたものです。

社会的弱者向けですが「シルバーシート」の名称はそのまま残っているケースもあります。

「優先座席」と言うところもあります。

おおむね60歳以上は優先して座れるのですが、元気な人は一般席に座るようです。

65歳以上は座るべきでしょう。

常識的に考えることになりますが、若者が占拠していることもあり難しいことです。

「シルバーシート」と「優先席」

「シルバーシート」は国鉄時代に作られた高齢者向けの優先座席のことです。

座席シートがシルバー色であったことから名付けられたのですが、これによりシルバー=高齢者のイメージが定着したのです。

シルバーセンター・シルバー割引など使われることになります。

「優先席」は高齢者だけでなく障碍者・妊婦・赤ちゃん連れなども対象にした優先席のことです。

おすすめの記事