ヤーレンは「ソーラン節の出だしの言葉のこと。」

「第一掛け声」と言い換えると分かりやすい。

ソーランは「ソーラン節でヤーレンに続く言葉のこと」。

「第二掛け声」と言い換えると分かりやすい。

ヤーレンソーランは不思議な言葉です。

掛け声としては意味のない威勢の良い言葉になりますが、続く言葉も調子の良さを感じます。

しかし、謎の言葉なのです。

「ヤーレン」は意味がある言葉です。

「ヤーレン」は本当がどうか、一説ではヘブライ語ということです。

「喜び歌う」という「リーネン」という言葉があり、「イェラネン」が未来形で「Y」が頭文字の綴りから「ヤーレン」となったというものです。

にわかには信じがたい説ですが、妙に信憑性を感じます。

ニシン漁の歌ですから、威勢の良い掛け声が必要なので、「喜び歌う=ヤーレン」はぴったりの言葉です。

「ソーラン」も意味があります。

同様に「ソーラン」もヘブライ語ということで解釈しますと「一人で歌う者」「独唱者」の意味となります。

ニシンの大漁を喜び、「ヤーレンソーランソーランソーラン」は「たった一人でニシンの大漁の喜びを歌う」ということになります。

「ソーラン節」に相応しい歌詞となるのですから驚きです。

掛け声は他にもあり、ヘブライ語で説明が付くようですから、偶然とは考えにくいことです。

「ヤーレン」「ソーラン」「ヤサエ・エンヤン・サー」などはヘブライ語の可能性が高いと思われます。

「ヤーレンソーラン」は前述のとおりですが、「ヤサエ・エンヤン・サー」も解釈が出来るのです。

「嵐の中まっすぐに進む」という意味に解釈されるそうで、荒海でのニシン漁にあった歌詞となります。

そのあとの掛け声も「神の助けで乗り越える」という意味になるそうで、ここまで一致する解釈はありません。

遠い昔にイスラエルから、移民があったことは疑いようもないことなのでしょう。

「ヤーレン」「ソーラン」はヘブライ語で、かつて日本に移民があったことを示唆しています。

「ヤーレン」「ソーラン」をはじめ「ソーラン節の中にちりばめられている掛け声はヘブライ語で解釈が出来、それもニシン漁や荒海航海と深い関係を示唆するものでした。

かつてイスラエルと日本は関係があったとする説は他にもあり、伊勢神宮の灯篭に刻まれている有名な六芒星・イザヤ神社・イザナギの命などが論拠になっています。

おすすめの記事