「因縁」は、物事の生ずる原因のことです。

英語では「fate」「destiny」で表されます。

「宿縁」は、前世からの因縁のことです。

英語では「one’s destiny」「one’s fate」で表されます。

「契り」は、堅く約束することです。

前世からの定められた運命です。

英語では以下のように表します。

「約束」の意味の場合「a promise」、「誓い」の意味の場合「a pledge」で表されます。

「夫婦の契りを結ぶ」は、「exchange marriage vows」で表されます。

「性的な契り」の場合「share a bed」です。

「因縁」の意味

「因縁」は、もとは仏教用語です。

①物事の生ずる原因のことです。

「縁起」のことです。

転じて、定められた運命のことです。

②「きっかけ」「動機」です。

しかるべき理由のことです。

③「由来」「来歴」のことです。

④「ゆかり」「関係」「縁」のことです。

※仏教用語で、結果をもたらす直接原因の「因」と、間接原因である「縁」が合わさった言葉です。

「この世のことは全て、因と縁によって定められている」という考え方です。

以下のように使います。

こうなったのも何かの因縁
前世からの因縁
いわれ因縁を知る
浅からぬ因縁

「宿縁」の意味

「宿縁」は、「しゅくえん」または「しゅうえん」と読みます。

仏教では、前世からの因縁のことです。

「宿因」と同じです。

現世で、良い、あるいは、悪い結果をもたらすことです。

過去世の原因をいいます。

平家物語(祇園女御)に「この行隆、弁の中に選ばれて、事始めの奉行に参られける宿縁のほどめでたけれ」とあります。

以下のように使います。

前世の宿縁
この結果は宿縁とあきらめた

「契り」の意味

「契り」
堅く約束することです。

肉体関係を持つことです。

前世からの定められた運命です。

「宿縁」「因縁」のことです。

以下のような内容です。

①ちぎることです。

「約束」「契約」のことです。

「古今和歌集」(9)に「ちぎりを忘れざることを哀しび」とあります。

②前世からの因縁のことです。

「ゆかり」と同じ意味です。

竹取物語に「昔の契りありけるによりなむ、この世界にはまうで来りける」とあります。

③男女が情を通じることです。

④夫婦の交わりをいいます。

以下のように使います。

男女の契りを結ぶ
親子の契り

「因縁」は物事の生ずる原因のこと、「宿縁」は前世からの因縁のこと、「契り」は堅く約束すること、また前世からの定められた運命のことです。

「因縁」「宿縁」「契り」は、類語です。

「奇縁」「機縁」「腐れ縁」「悪縁」は、これらの言葉の関連語です。

共通する意味は「前世からの定まった運命や関係のこと」です。

「因縁」は、もと仏教用語です。

結果を引き起こす内的な直接の原因である「因」と、外からこれを助ける外的な原因である「縁」が合わさった言葉です。

転じて、何らかのつながりを有することをいいます。

一般的には、漢字の「縁」の意味に用いられます。

「宿縁」は、「因縁」と同意です。

文章用語です。

「契り」は、「約束する」の意味があります。

「夫婦の契りを結ぶ」のように使います。

おすすめの記事