ローンは「高額な商品を分割して返済すること」。

「長期分割返済」と言い換えると分かりやすい。

クレジットは「後払いで商品を購入すること」。

「信用購入」と言い換えると分かりやすい。

高額で長期になるのがローンで、クレジットは割合短期間のものになります。

返済は月単位の支払いが多く、ボーナス払いや一括返済もできます。

「ローン」は高額商品を計画的に分割支払いすること
「ローン」は銀行から借り入れをしてローンを組み、毎月一定額を返済することです。

「ローン」を組むことで、住宅や自動車などの高額なものを、一辺に支払う必要はなく長期間で返せばよくなり、計画が立てやすく成ります。

「ローン」には住宅ローン・マイカーローンの他に、教育ローンや使いみちを限定しないカードローンなどがあります。

「クレジット」は信用貸しのこと
「クレジット」はカード会社と契約し、クレジットカードの発行を受け商品を購入するのですが、銀行口座とリンクさせているため一定金額を分割支払いできるものです。

「クレジット」は顧客に信用を与えて商品を分割支払いで購入できるようにしている制度です。

これを「販売信用」と言い、「消費者金融」とは区別されます。

消費者金融は纏まったお金を先に渡し、後から分割で返済させるもので、消費者ローンとも言います。

「ローン」も「クレジット」も代金の一部を払うだけで商品が手に入ります。

「ローン」の場合、初回の支払い出商品の代金に当たる多額の金額が手に入り、商品の支払いに充てることができます。

あとは一定額を毎月分割で長期間にわたり返済していけばよいのです。

「クレジット」も分割払いを選べば代金の一部を支払うことで、希望の商品が手に入るわけです。

ノンバンクの消費者ローンもクレジットと言えます。

「ローン」も「クレジット」も審査があります。

「ローン」は利用者に信用を与えてお金を先に全額渡すものですから、信用調査は厳しくなされますので、審査に通らなければローンが組めなくなります。

マイホームローンなどは35年ローンなどもあり一生に一度の買い物になるのです。

「クレジット」も審査がありますが、銀行程ではないため、金利は高めに設定されます。

ローンと違い長期の分割は出来ず、長くても36回払いなどになります。

おすすめの記事