「世辞」は、相手を喜ばせようと実際以上に誉める心にもない言葉です。

英語では「flattery」「civilities・丁寧・親切」で表されます。

「ゴマをすっても駄目だ」は「Flattery will get you nowhere」です。

「追従・ついしょう」は、人におもねるような言動をすることです。

英語では「flattery」「adulation」で表されます。

「追従的言動」は「obsequious behavior」「servile behavior」「subservient behavior」です。

「追従笑い」「a servile smile」です。

「おべっか」は、へつらうことです。

英語では「flattery」で表されます。

「おべっかを使う」は「soft-soap a person」「butter a person up」です。

「おべっかに乗らない」は「be above being flattered」「be impervious to flattery」です。

「世辞」の意味

「世辞」は、他人に対して愛想のよい言葉です。

人の気をそらさないうまい口ぶりのことです。

また、相手を喜ばせようと実際以上に誉める心にもない言葉です。

「追従口」のことです。

多くの場合、「お」をつけて用います。

以下のように使います。

客に世辞を言う お世辞笑い 見えすいた世辞を言うな 世辞に賢い
お世辞抜きでうまい手だ うまいとはお世辞にも言えない

<世辞に賢い>
世辞が上手で世渡りが巧みであることです。

「追従・ついしょう」の意味

「追従・ついしょう」は、人の後につき従うことです。

転じて、こびへつらうことです。

「おべっか」を使うことです。

人におもねるような言動をすることです。

また、その言動です。

以下のように使います。

客に追従を言う 追従笑い 追従口 追従的言動

<追従笑い>
こびへつらっておかしくもないのに笑うことです。

また、その笑いを指します。

「おべっか」の意味

「おべっか」は、へつらうことです。

目上の者のご機嫌を取ることです。

また、その言葉です。

「おべんちゃら」「追従」と同じ意味です。

人情本の娘消息に「いいよ、そんなにおだててお呉でない」とあります。

以下のように使います。

客におべっかを言う おべっかを使う


「You are a flatterer!」は、「あなたはお世辞のうまい人」という意味です。

一方、「You flatterer!」は「うまいこといっても駄目よ」という意味になります。

「an apple-polisher」も「お世辞のうまい人」という意味です。

「世辞」は 相手を喜ばせようと実際以上に誉める心にもない言葉、「追従・ついしょう」は 人におもねるような言動をすること、「おべっか」は、 へつらうことです。

「世辞」「べんちゃら」「追従・ついしょう」「おべっか」は、類語です。

「社交辞令」は、これらの言葉の関連語です。

共通する意味は「自分をよく知ってもらうために、真意に反して、相手を必要以上に褒めたりおだてたりする言葉」です。

「世辞」「べんちゃら」「追従・ついしょう」は、多くの場合「お」をつけて用いられます。

「べんちゃら」「おべっか」は、俗な言い方です。

「追従・ついしょう」は、「上役に追従する」のように「こびへつらう」という意味でも用いられます。

「社交辞令」は、付き合い上の、儀礼的な誉め言葉や決まり文句です。

「社交辞令を真に受ける」のように使います。

おすすめの記事