劫は「囲碁のルールの一つ、または永久の時間のこと。」

「永久」と言い換えると分かりやすい。

永劫は「永遠の時間のこと」。

「永遠」と言い換えると分かりやすい。

永劫の「劫」は古代インドで永遠の時間のことを言います。

囲碁でも「劫」と言う言葉があり、一目の取り合いを言い「こう」と読みます。

永遠に続くことから語源は同じなのです。

「劫」は梵語で「劫波」と言い、長い時間のこと
「劫」は古代インドでの時間のことで最も長い時間のことを言います。

事実上、永遠の時と言うことです。

転じて囲碁「こう」に使われることになります。

「こう」は一目の取り合いですが、すぐに取り返すことは禁じられ、他所に打つことが求められています。

理屈では永遠に続けてもよいために「劫」と言うのです。

因みに「三こう」は信長が見た碁に「三こう」が生じ、その夜打たれたという説があり縁起が悪いとされます。

「永劫」は「未来永劫」と使います。

「永劫」は「永い劫」ですから、永遠と言う意味です。

「未来永劫」と使い、永遠の時のことを言います。

「劫」が永久と言う意味を持ちますから更に強調した言葉です。

同義語に「永遠・永久・久遠・永遠」などがあります。

この世が続く限りの無限の時と言うことですが意味が重なっている「未来永劫」が一番永いイメージです。

「劫」と「永劫」は同じ意味
「劫」も無限の時と言う意味ですから、「永劫」と同義語になります。

ただ「劫」の方は囲碁用語としても使われていますから少し意味合いが違います。

「未来永劫」も同義になります。

無限の時間は人間の考えを超えている概念ですから、「永遠・永久・久遠・悠久・無限」などさまざまな言葉がありますが全部同義語になります。

「劫」と「永劫」

「劫」は古代インドの無限の時を表す梵語の「劫波」から来た言葉です。

転じて囲碁の一目の取り合いルールに使われています。

「こう」と言い永遠に繰り返されるイメージから名付けられています。

「永劫」は「未来永劫」と使い、「劫」「永遠」などと同義語になります。

また、同義の漢字を重ねることで意味を強調しているのです。

おすすめの記事