「焼く」は以下のような意味です。

「火をつけて燃やす」という意味です。

「遺体を焼く」「枯草を焼く」のように使います。

「あぶって中まで火を通す」という意味です。

「餅を焼く」「トーストを焼く」のように使います。

「原料に熱を加えて物を作る」という意味です。

「クッキーを焼く」「ケーキを焼く」のように使います。

「日光に当てて皮膚を黒くするという意味です。

「灼く」とも書きます。

「紫外線で皮膚が焼けた」のように使います。

「写真御原版に光を当て焼き付ける」という意味です。

「ネガを焼く」「陽画に焼く」のように使います。

「化学物質などによって皮膚を損傷させること」という意味です。

「スープで舌を焼く」のように使います。

「激しい情念に心を悩ませる」という意味です。

「恋に身を焼く」のように使います。

「面倒をみる」という意味です。

「世話を焼く」のように使います。

「処置に困ること」という意味です。

「子供に手を焼く」のように使います。

「嫉妬する」という意味です。

「焼きもちをやく」のように使います。

「炒める」は、「野菜や肉を少量の油でいりつけること」を意味します。

「炒る」は、「鍋などに入れた材料を火にかけ、水気がなくなるまで熱する」また、「少し焦げるまであぶる」と言意味です。

「焼く」の意味

「焼く」は、「熱を加える」という意味です。

この意味の場合、「燃やす」「あぶる」「灰にする」「皮膚を黒くする」「陶器・瓦・墨などを作る」「皮膚をただれさせる」という要素を含みます。

「紙くずを焼く」「さんまを焼く」「火事で家を焼く」「海で肌を焼く」「レンガを焼く」「硝酸で表皮を焼く」のように使います。

また、「さかんにあれこれと心を使う」という意味です。

「心を乱す」「気を配る」「嫉妬する・妬く」という要素を含みます。

「恋に身を焼く」「世話を焼く」「二人の仲をやく」のように使います。

さらに、「そばからしきりにすすめてその気にさせる。」

という意味です。

「機嫌を取る」「だます」という要素を含みます。

「好色一代女」(5)「この道に身をなし、人をよく焼くとて野墓のるりと名によばれ」とあります。

写真の原が空印画を作る」「複写機でコピーを取る」という意味です。

「写真を焼く」「図画を焼く」のように使います。

英訳する場合、「Burn /heat /cremate /set fire /bake / broil / roast 」などで訳されます。

「炒める」の意味

「炒める」は、「食品を少量の油を使って加熱調理すること」です。

「痛める」と同言源です。

「炒」の字義(漢字の意味)は、「いる」「いためる」「さわぐ」「口やかましい」です。

解字(漢字の解説)に於いて、「炒」は「火+少」で構成されます。

「ほうれん草を炒める」「野菜を炒める」のように使います。

英訳する場合、「Fry /saut? 」で訳されます。

「炒る」の意味

「炒る」「煎る」は、「水気のなくなるまで煮詰める」という意味です。

また、「乾いたものを、土鍋などで熱する」という意味です。

宇津保物語には、「藤壺には、鮎ならぬ魚いりて参り給う」とあります。

「豆を炒る」「卵を炒る」「南京豆を炒る」「炒り豆」「ゴマを炒る」「豆腐を炒る」のように使います。

英訳の場合、「Parch / roast」で訳されます。

「焼く」は「熱を加える」、「炒める」は「少量の油を使って焦げ付かないように熱する」、「炒る」は「油で焦げつかないように火を通す」という意味です。

「いる」「いりつける」「焙じる」「炒める」は、類語です。

共通する意味は、「鍋などに食品を入れて、水分がなくなるまで熱する。

また、あぶり焦がすこと」です。

「いる」は「煎る」「炒る」などとも書きます。

「煎る」は、「火で焦がす」という意味です。

「炒る」は、「鍋などで熱して焦がす」「油で焦げつかないように火を通す」という意味です。

「いりつける」は十分に「いる」ことです。

「焙じる」は、「火であぶってカラカラになるまで熱する」という意味です。

「焙ずる」ともいいます。

「炒める」は、「少量の油を使って焦げ付かないように熱する」という意味です。

「焼く」は、「熱を加える」という意味です。

この意味の場合、「燃やす」「あぶる」「灰にする」「皮膚を黒くする」「陶器・瓦・墨などを作る」「皮膚をただれさせる」という要素を含みます。

おすすめの記事