毒薬・劇薬と毒物・劇物の違いは、前者は医療用に使われる物、治療に使われるものです。

つまり、適切に使用すれば人や動物の命を救うことができます。

それに対して、後者の毒物・劇物は、医療用には使いません。

工業用などに使われるものです。

したがって、毒物や劇物で人や動物の命を救うことはできません。

医療現場では使用されることはありません。

毒薬と劇薬の違いは、経口投与での致死量が体重1㎏あたり30㎎以下が毒薬、300㎎以下が劇薬です。

皮下注射の場合は、体重1㎏当たりの致死量が20㎎以下が毒薬、200㎎以下が劇薬となっています。

毒薬の意味

毒薬は、致死量が経口投与(内服)で体重1㎏あたり30㎎以下、皮下注射で体重1㎏あたり20㎎以下の治療薬を言います。

毒薬には、黒地に四角い枠で白い文字で毒と、目立つように明記されています。

内服や注射などで体内に入ると毒性が強いために、副作用のリスクも伴います。

そのため、このような医療用の薬剤を厚生労働省が毒薬に指定しています。

劇薬の意味

劇薬は、経口投与(内服)で致死量が体重1㎏あたり300㎎以下、皮下注射で体重1㎏あたり200㎎以下の薬を言います。

劇薬には白地に赤丸枠で赤い文字で劇と、一目見れあ分かるように書いてあります。

適切に使用すれば人や動物の命を救うことができま。

しかし、使用方法を間違えたり不適切な使い方をすると重篤な副作用のリスクも大きくなります。

毒物や劇物の意味

毒物や劇物は、医療用に使うことはありません。

そのため、毒物には赤地に白い文字で医療用外毒物とかかれています。

誤飲した場合はの致死量が2g以下の物が該当します。

例えば、青酸カリや青酸ソーダなどがあります。

劇物も医療用に使用することはないので、白地に赤い文字で医療用外劇物と書かれています。

誤飲した場合の致死量が2~20g程度の物が劇物に該当します。

例えば、塩酸や硫酸や硝酸などが当てはまります。

毒薬や劇薬は人の命を救えるけど、毒物や劇物では人の命を救えません

毒薬や劇薬は、適切に使用すれば人や動物の命を救うことができます。

医療現場では、毒薬や劇薬を使って治療したり救命処置を行っています。

しかし、毒物や劇物や工業用などで使うことはあっても、医療現場で使うことはありません。

製造や輸入や販売や取り扱い上の規制を行うために、定められています。

毒薬は黒地に白文字で毒と明記され、劇薬は白地に赤い文字で劇と書かれています。

毒物や劇物は医療用外毒物や医療用外劇物と、一目見てどのような物なのかが分かるように表示されているはずです。

おすすめの記事