野菜は「食用となる草木植物です」。

果物は「木や草の果実で、食用となるものです」。

広い捉え方をすると、果物は全て野菜に含まれることになります。

但し、定義の仕方は様々であり、果物であるものを野菜と呼称することもあれば、野菜であるものを穀物や雑穀と呼称することもあります。

定義する人の職業などで変わることがあるため注意が必要です。

「野菜」の意味

野菜は食用の草木植物のことです。

キャベツやニンジン、インゲンマメなどが野菜に該当します。

しかし、明確な分類は難しいです。

例えば、先ほどの定義に当てはめると米や小麦も野菜に分類されることになりますが、それらは穀物と認識されることが多いです。

穀物とは、種子を食べるものであり、主食となるものが分類されます。

「果物」の意味

果物は食用となる果実のことです。

狭義には木に生る果実、例えばリンゴやブドウ、ミカンを果物と呼びます。

ですが、広義では木でなくとも草に生る果実、例えばイチゴやスイカ、メロンも果物と呼ぶことがあります。

レモンなどの例外はありますが、甘味があり、おやつや食後に生で食べることが多いものが果物と認識されています。

野菜ジュースに含まれている成分を見ると、果物としか思えないものが含まれています。

野菜と果物の違いはなんでしょうか。

入力項目3.~6.の説明につなげるにあたり、日常の中で具体的にイメージしやすいタイトルとしました。

使用する場面があると、より記憶に残りやすいと思います。

また、最初のタイトルを疑問形、クイズ形式にすることで、読み手の好奇心を誘うことができます。

もし読み手が思っていた内容と違っていたとしても、次は正解を当てるとより興味を惹かれると考えます。

広い意味では、食べられる草木植物は野菜です。

その中で、食べられる果実が果物と分類されることが多いです。

入力項目7.を踏まえると、私の場合には説明タイトルを質問形式といたしましたので、まとめのタイトルはその回答形式であるべきと考えました。

言葉の意味を知るだけのまとめタイトルにもできましたが、どのように使用するかを最後に印象に残す方が役に立つと考え、実際の使用例を踏まえた9.のようなタイトルにしました。

おすすめの記事