どちらも日本産のミカン科で、主に緑色の状態で流通している柑橘類です。

主な違いは大きさと重さです。

スダチの方が小さく、ゴルフボールぐらいの大きさで約50グラムです。

一方でカボスはテニスボールぐらいの大きさで100~150グラムです。

どちらも酸味が強く、生でそのまま食べることはほとんどありません。

果汁や皮を使用します。

スダチとは

スダチの産地のほとんどは徳島県であり、収穫量の98パーセントを占めています。

旬は8月から10月ですが、貯蔵やハウス栽培されたものもあるため、年中出回っています。

スダチはカボスと比較すると香りと酸味が強いです。

香りを楽しむために吸い物に、酸味を楽しむために焼き魚やうどんに使用されます。

他にもジュースやお酒、ジャムに使用されるようです。

カボスとは

カボスの産地のほとんどは大分県であり、収穫量の98パーセントを占めています。

スダチと同じで、旬は8月から10月ですが、貯蔵やハウス栽培により年中手に入れることができます。

カボスの方がスダチと比較すると酸味が抑えられています。

カボスも焼き魚やうどん、ジュースに使用されるほか、てんぷらやきのこ料理にも使われます。

焼き魚を食べる時に使う緑色の柑橘類の名前は、スダチとカボスのどちらなのでしょうか。

入力項目3.~6.の説明につなげるにあたり、日常の中で具体的にイメージしやすいタイトルとしました。

使用する場面があると、より記憶に残りやすいと思います。

また、最初のタイトルを疑問形、クイズ形式にすることで、読み手の好奇心を誘うことができます。

もし読み手が思っていた内容と違っていたとしても、次は正解を当てるとより興味を惹かれると考えます。

どちらも使われますが、小さい方がスダチで大きい方がカボスです。

香りと酸味も異なります。

入力項目7.を踏まえると、私の場合には説明タイトルを質問形式といたしましたので、まとめのタイトルはその回答形式であるべきと考えました。

言葉の意味を知るだけのまとめタイトルにもできましたが、どのように使用するかを最後に印象に残す方が役に立つと考え、実際の使用例を踏まえた9.のようなタイトルにしました。

おすすめの記事