どちらも非正規雇用の呼び方であり、法律上はパートタイム労働法により同じ扱いです。

主な違いは起源とイメージです。

パートはパートタイム、の英語の略語です。

現在の日本において、パートは女性の、主に主婦が勤める仕事のイメージが強いです。

一方でアルバイトはドイツ語であり、学生やフリーターが勤める仕事のイメージが強いです。

パートとは

女性が勤めるイメージが強いため、コールセンターやスーパーなどの小売業、受付などの仕事が多いです。

他にも、倉庫内スタッフ、引っ越しのスタッフ、清掃業などアルバイトと同じ仕事もあります。

企業にもよりますが、長期で働く人、日中に働く人、正社員に近い仕事をする人と認識されることが多いようです。

ちなみに女性が勤めるイメージが強いのは、昭和22年にNTTが主婦をパートタイムとして一括採用したことことに起因しているようです。

アルバイトとは

パートよりも短期で夜間に、あるいはイベントなどに臨時で働く人と認識されています。

ちなみにアルバイトもパートタイムも、採用場所によっては条件により有給休暇や社会保険が認められる場合があります。

アルバイトの歴史は古く、明治時代に学生の間でする仕事の通称として広まったとされています。

アルバイトは和製英語ですので、海外では通じません。

パートタイムジョブが使われます。

大学生なのですが、パートの方がアルバイトよりも時給が高いように思います。

学生でもパートの仕事はできますか。

入力項目3.~6.の説明につなげるにあたり、日常の中で具体的にイメージしやすいタイトルとしました。

使用する場面があると、より記憶に残りやすいと思います。

また、最初のタイトルを疑問形、クイズ形式にすることで、読み手の好奇心を誘うことができます。

もし読み手が思っていた内容と違っていたとしても、次は正解を当てるとより興味を惹かれると考えます。

パートとアルバイトは、法律上違いはありません。

条件に問題がなければ可能です。

入力項目7.を踏まえると、私の場合には説明タイトルを質問形式といたしましたので、まとめのタイトルはその回答形式であるべきと考えました。

言葉の意味を知るだけのまとめタイトルにもできましたが、どのように使用するかを最後に印象に残す方が役に立つと考え、実際の使用例を踏まえた9.のようなタイトルにしました。

おすすめの記事