どちらも将棋の駒の一つです。

役割は同じで、これらの駒が取られる状態が確定すると詰みとなり、勝敗が決します。

違いは「後手、または上手の上位者が王将を使用し、先手、または下手が玉将を使用する」ことです。

ちなみに駒の動きはチェスのキングと同じで、英語でもkingと表記されます。

将棋とチェスの起源は同じとされ、インドのボードゲームのチャトランガです。

玉将とは

元々、将棋には玉将しか存在しませんでした。

玉は白玉や翡翠などの価値のある宝石のことであり、金将と銀将の金と銀も宝石を指しています。

つまり、将棋は宝石の取り合いです。

しかし起源とされているチャトランガでは、銀将と同じ動きを駒は像であり、玉将と同じ動きをするのは王であり、戦争を意識した駒となっています。

王将とは

玉将のみを使用する将棋に王将が使われるようになった説に、豊臣秀吉が命じたからがあります。

王将を2つ作らなかったのは「王は二人いらないから」という豊臣秀吉の意向があったためと言われています。

現在では、「王手」とは言いますが「玉手」とは言わず、棋譜において「王」の字で書くと向きが分からなくなってしまうため「玉」と書くなど用途によって使い分けられています。

将棋で王将は王が由来と分かりますが、玉将の玉とはなんのことでしょうか。

入力項目3.~6.の説明につなげるにあたり、日常の中で具体的にイメージしやすいタイトルとしました。

使用する場面があると、より記憶に残りやすいと思います。

また、最初のタイトルを疑問形、クイズ形式にすることで、読み手の好奇心を誘うことができます。

もし読み手が思っていた内容と違っていたとしても、次は正解を当てるとより興味を惹かれると考えます。

将棋は元々、宝石の取り合いであり、玉は最高の宝石のことでした。

入力項目7.を踏まえると、私の場合には説明タイトルを質問形式といたしましたので、まとめのタイトルはその回答形式であるべきと考えました。

言葉の意味を知るだけのまとめタイトルにもできましたが、どのように使用するかを最後に印象に残す方が役に立つと考え、実際の使用例を踏まえた9.のようなタイトルにしました。

おすすめの記事