どちらも蒸留酒に分類されますが、主な違いは使用される原料です。

ウイスキーは大麦、小麦、トウモロコシなどの穀物を使用します。

ブランデーはブドウ、リンゴ、サクランボなどの果実を使用します。

また、蒸留酒の特徴はアルコール度数の高さにあります。

酵母によるアルコール発酵ではアルコール濃度は20%程度が限界ですが、蒸留を利用することでアルコール濃度を最大で95%程度まで高めることができます。

ウイスキーの特徴

ウイスキーの特徴は豊かな風味と琥珀色で、樽による熟成をしなければ無色透明で荒々しい味のままとなります。

ウイスキーは15世紀には存在していたようですが、樽による熟成を始めたのは20世紀のアメリカ禁酒法時代に入ってからと言われています。

ウイスキーの飲み方には、ストレートや水割り、氷を入れたオン・ザ・ロックなどがあり、香りを楽しむように工夫します。

ソーダ水で割ったハイボールも人気です。

ブランデーの特徴

ブランデーの特徴は芳醇な香りです。

たくさん飲むよりは、香りを楽しむお酒です。

そのため、室温に近い18~20℃で飲むことが一般的です。

それよりも低い温度だと香りが立たず、高い温度だとアルコールが揮発して香りを損なうと言われています。

アルコール度数が40度を超えているため、水割りで飲むこともあるようです。

ブランデーの歴史は古く、15世紀には存在していたようです。

ウイスキーもブランデーも色と香りが良く、アルコール度数が高いお酒です。

とても似ていますが、何故別々の名前が付けられているのでしょうか。

入力項目3.~6.の説明につなげるにあたり、日常の中で具体的にイメージしやすいタイトルとしました。

使用する場面があると、より記憶に残りやすいと思います。

また、最初のタイトルを疑問形、クイズ形式にすることで、読み手の好奇心を誘うことができます。

もし読み手が思っていた内容と違っていたとしても、次は正解を当てるとより興味を惹かれると考えます。

作り方は似ていますが原料が異なり、ウイスキーは穀物、ブランデーは果実を使用しています。

入力項目7.を踏まえると、私の場合には説明タイトルを質問形式といたしましたので、まとめのタイトルはその回答形式であるべきと考えました。

言葉の意味を知るだけのまとめタイトルにもできましたが、どのように使用するかを最後に印象に残す方が役に立つと考え、実際の使用例を踏まえた9.のようなタイトルにしました。

おすすめの記事