どちらも肉を一口大に切り、串に刺して直火で焼く料理です。

主な違いは、対象としている肉にあります。

焼き鳥は主に鶏肉を使用します。

一方でやきとりは鶏肉に限らず、豚、牛など様々な肉を使用します。

歴史的に見ると、先に誕生したのは「焼き鳥」の方であり、江戸時代には串焼きの記録があります。

「やきとり」は明治時代に牛や豚の内蔵を使用したという記録がありますので、こちらの方が後です。

焼き鳥とは

焼き鳥に使用される鶏肉の部位は非常に多いです。

肉の部分には「もも肉」、「むね肉」、「ささみ」、「手羽」、「皮」が主に使用されます。

内蔵の部分には心臓の「ハツ」、肝臓の「キモ」、砂嚢の「砂肝」、「軟骨」、しっぽの先端の「ぼんじり」、未成熟卵の「玉ひも」、鶏冠の「とさか」が主に使用されます。

また、鶏肉を禁忌とする宗教は少ないため、外国の方に人気のようです。

やきとりとは

やきとりに使用される食材も非常に多いです。

牛、豚、馬だけでなくキノコ、魚介類、野菜を使用したものもやきとりと呼ばれます。

ちなみに、現在ではうずらなどの鳥を使用したものもやきとりに分類されるようです。

海外にも似た料理があり、東南アジアで食べられる串焼き料理は「サテ」と呼ばれています。

こちらは鶏肉の他にヤギやウサギ、ヘビなども使用されるようです。

仕事帰りにやきとり屋に飲みにいくと、豚がメニューにありました。

これは焼き豚ではないのでしょうか。

入力項目3.~6.の説明につなげるにあたり、日常の中で具体的にイメージしやすいタイトルとしました。

使用する場面があると、より記憶に残りやすいと思います。

また、最初のタイトルを疑問形、クイズ形式にすることで、読み手の好奇心を誘うことができます。

もし読み手が思っていた内容と違っていたとしても、次は正解を当てるとより興味を惹かれると考えます。

「焼き鳥屋さん」は鶏肉を主に使用しますが、「やきとり屋さん」では様々な肉を使用していることがあります。

入力項目7.を踏まえると、私の場合には説明タイトルを質問形式といたしましたので、まとめのタイトルはその回答形式であるべきと考えました。

言葉の意味を知るだけのまとめタイトルにもできましたが、どのように使用するかを最後に印象に残す方が役に立つと考え、実際の使用例を踏まえた9.のようなタイトルにしました。

おすすめの記事