大きな違いは、商品名であるかそうでないかです。

ツナは魚のマグロ族の総称、もしくはマグロやカツオを油漬け、水煮にした缶詰のことです。

シーチキンは、はごろもフーズ株式会社が商標登録しているツナの缶詰です。

日本において、ツナの缶詰のシェアの半分以上がシーチキンであるため、ツナとシーチキンが同じであると認識されていることが多いです。

ツナとは

日本において、ツナの缶詰と認識されることが多いです。

一口にツナの缶詰と言っても、数多くの種類があります。

原料はビンナガマグロ、キハダマグロ、カツオの3種類が主に使われます。

ツナの形状には、ほぐされたタイプの「フレーク」と、かたまりタイプの「ブロック」があります。

調理法は油漬けにしたものと水煮にしたものがあります。

シーチキンとは

シーチキンの歴史は古く、1958年には商標登録されています。

これまでに販売された種類は、缶詰でないものを含めると30種類を超えていて、はごろもフーズ株式会社の主力商品です。

海外にもツナの缶詰はありますが、シーチキンでは伝わらない国の方が多いです。

名前の由来ですが、鶏のささみに食感が似ているから、マグロが海の鳥と呼ばれているからなど様々です。

似たような味のおにぎりなのに、コンビニでツナマヨネーズとシーチキンマヨネーズの2種類あるのは何故なのでしょうか。

入力項目3.~6.の説明につなげるにあたり、日常の中で具体的にイメージしやすいタイトルとしました。

使用する場面があると、より記憶に残りやすいと思います。

また、最初のタイトルを疑問形、クイズ形式にすることで、読み手の好奇心を誘うことができます。

もし読み手が思っていた内容と違っていたとしても、次は正解を当てるとより興味を惹かれると考えます。

シーチキンはツナの商品名ですので、基本的に同じ味です。

入力項目7.を踏まえると、私の場合には説明タイトルを質問形式といたしましたので、まとめのタイトルはその回答形式であるべきと考えました。

言葉の意味を知るだけのまとめタイトルにもできましたが、どのように使用するかを最後に印象に残す方が役に立つと考え、実際の使用例を踏まえた9.のようなタイトルにしました。

おすすめの記事