カレイとヒラメは、カレイ目カレイ亜目に分類される同じ仲間です。

カレイとヒラメの大きな違いは2つあります。

1つ目は「口の形状」です。

カレイは海底の無脊椎動物や虫を捕食するため口が小さくのこぎりのような歯をしています。

一方ヒラメは、小魚を捕食するために口が大きく牙のような歯をしています。

2つ目は「目の位置」です。

左ヒラメに右カレイと呼ぶように、目が左側にあるのがヒラメ、右側にあるのがカレイです。

但し、これは日本だけであり、海外では右側に目があるヒラメもいます。

カレイの特徴

カレイは、平たい葉っぱのような見た目をしています。

カレイを漢字で「鰈」と書くのも見た目によるものです。

英語ではflatfishと呼ばれています。

このような形態をしているのは擬態のためです。

カレイは海底の砂の中に潜ることで擬態し、近づいたエサを捕食します。

寿命は長く、数十年生きる種類もいます。

そのため、養殖は成長の早いヒラメより難しいです。

ヒラメの特徴

ヒラメもカレイと同様の見た目をしています。

ヒラメは漢字で「鮃」と書きますが、江戸時代ではカレイと区別されていませんでした。

ヒラメも捕食の際に擬態をしますが、カレイと異なり周りの色に溶け込む特徴があります。

動きはカレイと比較すると俊敏で、ヒラメの方が筋肉質で身がしまっています。

そのため、ヒラメは火を通すと固くなります。

カレイが刺身や煮つけなど様々料理で食べられるのに対して、ヒラメは刺身で食べられることが多いです。

スーパーでヒラメを見かけたのですが、カレイとの違いが分かりません。

見分ける方法はあるのでしょうか。

入力項目3.~6.の説明につなげるにあたり、日常の中で具体的にイメージしやすいタイトルとしました。

使用する場面があると、より記憶に残りやすいと思います。

また、最初のタイトルを疑問形、クイズ形式にすることで、読み手の好奇心を誘うことができます。

もし読み手が思っていた内容と違っていたとしても、次は正解を当てるとより興味を惹かれると考えます。

目の位置に注目すると分かりやすいです。

左ヒラメに右カレイと覚えます。

入力項目7.を踏まえると、私の場合には説明タイトルを質問形式といたしましたので、まとめのタイトルはその回答形式であるべきと考えました。

言葉の意味を知るだけのまとめタイトルにもできましたが、どのように使用するかを最後に印象に残す方が役に立つと考え、実際の使用例を踏まえた9.のようなタイトルにしました。

おすすめの記事