大きな違いは、元になった言語です。

シャベルは英語、スコップはオランダ語が元になっています。

それ以外の違いは日本工業規格(JIS)にあります。

JISでは「さじ」と呼ばれる土砂をすくう先端部分が、足をかける構造となっているものをシャベル(ショベル)、そうでないものをスコップと定義しています。

ちなみにショベルとシャベルは同じ意味を持ちます。

関東と関西での呼び方の違い

関東地方では、手で持てる小さいサイズのものをシャベルと呼び、両手で持つ大きいサイズのものをスコップと呼びます。

一方で関西地方では手で持てるサイズのものをスコップと呼び、両手で持つ大きいサイズのものをシャベルと呼びます。

但し、ショベルカーを関東でスコップカーと呼ぶことはありません。

このような違いができた理由は明らかになっていません。

シャベル(スコップ)の種類

シャベル(スコップ)は用途により先端の形状が異なります。

硬い地面を掘る時は、先端が尖った「剣先シャベル」が使用されることが多いです。

柔らかい地面を掘る時は、一度に大量の土砂をすくえる方が便利ですので、先端が平たい「角型シャベル」が使用されます。

雪かきをする際は、地面よりも更に柔らかく、すくう回数が多くなるためプラスチックでできた軽量の「雪かきシャベル」を使用します。

園芸で使用するために妻にスコップを買ってきてくれと頼んだらシャベルを買ってきました。

どのように頼むべきだったのでしょうか。

入力項目3.~6.の説明につなげるにあたり、日常の中で具体的にイメージしやすいタイトルとしました。

使用する場面があると、より記憶に残りやすいと思います。

また、最初のタイトルを疑問形、クイズ形式にすることで、読み手の好奇心を誘うことができます。

もし読み手が思っていた内容と違っていたとしても、次は正解を当てるとより興味を惹かれると考えます。

関東と関西で呼び方が異なるため、サイズを指定すると間違いがありません。

入力項目7.を踏まえると、私の場合には説明タイトルを質問形式といたしましたので、まとめのタイトルはその回答形式であるべきと考えました。

言葉の意味を知るだけのまとめタイトルにもできましたが、どのように使用するかを最後に印象に残す方が役に立つと考え、実際の使用例を踏まえた9.のようなタイトルにしました。

おすすめの記事