床屋は「主に男性向けで、理容師が理容を行うところ。

理容とは散髪や髭剃り」。

美容室は「主に女性向けで、美容師が美容を行うところ。

美容とは結髪やパーマや化粧」。

理容師が行うか美容師が行うかの違いがありますので、対象となる法律が異なります。

2012年には理容所は20万近く存在し、美容所は13万近く存在しています。

「床屋」の意味

床屋は江戸時代に髪結いを行う所の名称でした。

髪結いとは現在では理容士にあたります。

しかし全ての髪結いを行う場所が床屋だった訳ではなく、女性の髪結いを行うところを床屋とは呼びませんでした。

現在でも大きな違いはなく、男性が髪を切るときは「床屋に行ってくる」などと言いますが、女性が「床屋に行ってきます」とは耳にしません。

「美容室」の意味

美容室は美容、つまりパーマや化粧などを行う所の名称です。

一昔前は主に女性を対象としていましたが、現在では男性用の美容室もあり、必ずしも女性用とは限らなくなりました。

理容を行う所ではありませんので、美容室では男性の顔剃り(理容)を法律で禁止されています。

一方で、床屋などの理容所では女性のパーマが法律で禁止されています。

彼女とのデートに向けてかっこいい髪形にしたいのですが、やはり床屋より美容室の方が良いでしょうか。

入力項目3.~6.の説明につなげるにあたり、日常の中で具体的にイメージしやすいタイトルとしました。

使用する場面があると、より記憶に残りやすいと思います。

また、最初のタイトルを疑問形、クイズ形式にすることで、読み手の好奇心を誘うことができます。

もし読み手が思っていた内容と違っていたとしても、次は正解を当てるとより興味を惹かれると考えます。

オシャレにしたいなら男性・女性問わずに美容室を選びましょう。

但し、髭剃りが必要なら床屋のような理容所を選びましょう。

入力項目7.を踏まえると、私の場合には説明タイトルを質問形式といたしましたので、まとめのタイトルはその回答形式であるべきと考えました。

言葉の意味を知るだけのまとめタイトルにもできましたが、どのように使用するかを最後に印象に残す方が役に立つと考え、実際の使用例を踏まえた9.のようなタイトルにしました。

おすすめの記事